伊丹市立南小学校
 
ようこそ! 伊丹市立南小学校ホームページへ
校舎

 
 

新着情報

 RSS
南小NOW♪
12345
2020/02/19new

図工展に向けて・全学年・平面

| by 校長

明日から図工展が始まります。体育館は、
準備万端で、たくさんのご来場をお待ちしています。

全学年の平面作品を紹介します。

1年「うみのたんけんたい」



2年「ひまわり畑へようこそ」

すみません、この看板は、立体作品用でした。


3年「ねぶた祭り」



4年「Constellationー星座ー」



5年「切り絵~花鳥風月~」



6年「南小ルミナリエ」


さすがは6年!! 圧巻の幻想的な世界です。すごいです!!
ステージをどん帳でおおい、暗闇の中に浮き上がる
まさに『南小ルミナリエ』です。この体育館のステージでしか、
味わえない感動を、是非、みんなで味わってください。

どの作品もひとり一人が心をこめて作った、世界に一つだけの
作品です。平面作品は、額に入れてお家に是非、飾ってあげて
ください。立体作品は、「一生もの」として、できる限り、
大切にしてあげてください。

どうぞ、ご来場いただき、一つひとつの作品を、時間のゆるす限り、
じっくり、ご鑑賞ください。
19:04
2020/02/18new

図工展に向けて・4・5・6年

| by 校長

4・5・6年の立体作品について
紹介します。

4年 Space Plantsー宇宙の植物ー
どこかの宇宙のどこかの惑星に存在する
宇宙の植物を、ちぎり絵でランプシェードの
上に表現しました。




ふくらませた風船に、白い薄手の紙に水のりをつけて、貼り付け、
乾かしました。乾いたところで、風船を割って、この
風船型の形ができました。私は見ていませんが、子ども達が
自分の風船を割るときは、きっと、どきどきしただろうなと
思います。また、上手く風船型ができあがったときの喜びの
顔が目に浮かびます。
今回の展示では、ランプをつけて幻想的な世界を創り出そうと
しましたが、1日1日約200人分のスイッチを入れたり切ったり
するのが大変ということで、あきらめました。子ども達は、一度
ランプをつけてみたようです。
図工展では、暗闇の中では、どんなふうに浮かびあがるか想像
しながらご覧ください。

5年 オリジナルホワイトボード
「身のまわりにある美しい形」を参考に、ホワイトボードの
デザインを考えました。初めて電動糸のこぎりを使い、木の
板を切って作った作品です。




懐かしい電話です。私は、子どもの頃実際に、使っていました。


形や色が、工夫された思わず見入ってしまう作品ばかりです。
ホワイトボード用のペン入れもある、日々の生活場面で、
今すぐ使える実用品でもあります。我が家での活用を
楽しみにしておいてください。

6年 スペシャルブックエンド
設計、デザイン、全てにこだわったブックエンド(本立て)
を作りました。ただの木の板が一人ひとり工夫されたスペシャルな
本立てに生まれ変わっています。

倉庫がわりのスペースに、大切に保管されていました。




この間に本を立てます。本立てをくっつけると、形が
浮かびあがるようなデザインも多くありそうです。
さすがは6年、最上級生!世界に一つだけのブックエンド!!
「一生もの」です。一生、読書を楽しみ、心豊かに生きていってください。
19:35
2020/02/15

第46回ジュニアバンドフェスティバル

| by 校長

すばらしい演奏を披露し、また、他校の
すばらしい演奏を聴きました。











1曲目は、「バロック・ホーダウン」、迫力ある演奏を
披露しました。









2曲目は、「We Are Confidence Man」、軽快な演奏を
披露しました。


大きな拍手をいただきました。また、ソログループの演奏にも
拍手がありました。




先生バンドには、本校職員も参加しました。

演奏する楽器は違っても、一つひとつの音を奏でたり、
一つひとつのリズムをきざむことの積み重ねですばらしい
音楽が生まれるのだなと思いました。自分で音を出し、
リズムをきざみ、仲間と合わせる「楽しさ」を満喫できたなと
感じました。これからの生活も、「音楽」とともに、より豊かな
日々を送ってください。
15:29
2020/02/15

器楽部

| by 校長

南小学校器楽部には、4年生以上、約80名の
希望する音楽大好きの子ども達が集っています。
火曜日と木曜日に朝練習を行い、始業式・終業式の
校歌演奏や児童退場時の音楽演奏、運動会開会式の
校歌演奏など、いろいろなところで活躍しています。

本日は、ジュニアバンドフェスティバルがいたみホールで
13時から行われます。市内6校より、「器楽部」的な活動を
行っている子ども達が集まり、演奏会が開催されます。

昨日、業間、学級閉鎖等で直前練習ができなかった児童達が
音楽室に集まり、練習していました。










私は、ティンパニーの横で、写真を撮っていましたが、
ティンパニーの迫力ある音に、「かっこいい!やってみたい!」と
思いました。それぞれの音に、洗練されたものを感じました。








時間のある方は、是非、いたみホールに足を運んでいただければと
思います。南小学校の出番は、13時15分頃の予定です。
07:50
2020/02/13

5年がん教育講演会

| by 校長

「チャイルド・ケモ・クリニック」という「家のような病院」
「小児がんの子どもをその家族ごと支える病院」から講師を
お招きし、「がんになっても笑顔で育つ!」と題して、お話を
していただきました。






小児がんになる可能性は、誰にでもあるということを
しっかり学びました。
(おとなのがん<例えば、たばこを吸い過ぎて肺がんに
 なることがあります。>と、小児がんは、違うという
 ことです。)




がん治療を本人が受け、それを見守る家族にも、
相当な悩みが発生します。その家族をまるごと見守る病院が
「チィイルド・ケモ・ハウス」です。上のような狭い病室
ではなく、家族で料理を楽しんだり、広い部屋で兄弟で遊んだり
できるような部屋で治療が受けられるそうです。



家族の中でも、大きく影響を受けるのが、その子の
兄弟姉妹だそうです。これは、小児がん患者の兄弟だけではなく、
「しょうがい」のある子どもの兄弟も同じように大きく影響を
受けます。だから、そのような兄弟を支える日として、4月10日は、
世界的に「きょうだいの日」に制定されたそうです。
そして、小児がんの子どもを支えた事例が子ども達に紹介されました。
多くの子どもも知っていましたが、抗がん剤治療で頭の毛が
ほとんど抜けてしまいます。その子どもを支えるために、
クラスの子どもや先生までもが丸刈りにしたというお話でした。


最後に、児童代表が「がんについて考えることができました。」
等と、お礼の挨拶をしました。

このお話で、子ども達は、①小児がんは治療を受ければ7割から8割は
治る。②小児がんの子の気持ちを想像し、自分にできることはなんだろうと
考える。 という2つのことを学ぶことができました。

5年の子ども達のこの時期に、がんについて、お話をして
いただいた講師の先生には、深く感謝申しあげます。
19:55
2020/02/12

5年百人一首大会

| by 校長

1・2時間目に、体育館で、クラス対抗
百人一首大会が行われました。
百枚の取り札を、1組から5組まで、5人で
囲み、競いました。
普段各クラスで取り組んだ成果を試しました。



みんなで協力して、札を並べました。準備完了!





みんな、集中して、真剣でした。


札を取った子ども達は、満足そうでした。

百人一首に触れたり、学習したり、競い合うことを楽しんだり
しながら、日本の伝統文化に慣れ親しむことができました。
中学校でも百人一首に取り組んでいるところがあります。
これからも、興味をもって、覚えたり、短歌の意味を味わったり、
仲間と競い合ったりして楽しんでいってほしいなと思います。
「坊主めくり」を家族で楽しむのも、お薦めです。
私は、「坊主めくり」を、祖父母を含め家族で楽しんだ思い出があります。
20:32
2020/02/08

漢字検定

| by 校長

約200名の児童・保護者が、漢字検定に
挑戦しました。


10級に挑戦


9級に挑戦


8級に挑戦


7級に挑戦


6級に挑戦


5級に挑戦


4級・3級・準2級・2級に挑戦

「歩いてくることができる」学校を試験会場として、
たくさんの子どもやおとなが、学びを楽しみ、学力向上、
生涯学習、教養アップのために、漢字検定を真剣に
受験していました。

身近な学校で、受験できるように、申し込み・受験料のとりまとめ、
振り込み・名簿作成・回答用紙のまとめ、郵送・結果返却・会場準備、後片付け等、
さまざまな業務を中心に行っていただいたPTA執行部のみなさん、
また、当日の試験監督を務めてもらったPTA会員の皆様、
本当にありがとうございました。
11:37
2020/02/04

図工展に向けて・3年

| by 校長

3年の立体作品は、「わたしのお庭」を作っていました。
段ボールで作った家に色を塗ったり、庭を作るための「部品」
を作ったりしていました。



素敵な家に、色を塗りました。



自分人形も作っていました。



完成した「マイハウス」です。



庭作りに使う、小さな「木」や「物干し」を作りました。

それぞれのこだわりのある、家やお庭を楽しみに
しておいてください。
14:59
2020/02/01

家庭科展

| by 校長

市内の家庭科作品等を集めた、
「たみまる子ども家庭科展」が、
いたみホール6階で行われています。





一人ひとりの作品をあつめた「大きな木」です。
家庭科展ならではの迫力があります。




一つひとつは、たくさんの葉の中に、果物や虫がいます。






力作ぞろいです。







エイサーで使った、懐かしい「布たち」です。

横向きですみません。





かわいい「エイサーマスコット」が勢揃いしています。
これも、家庭科展ならではの圧巻の見応えがあります。



一人ひとりのお弁当の写真と記録を見ることができます。

一人ひとりの作品は、世界に一つだけのもので、どれも
素晴らしものばかりです。
また、家庭科展で「勢揃い」しているのも、家庭科展ならではの
見応えがあります。是非、日曜日の買い物の前後などに、いたみホールに
立ち寄っていただき、幸せなひとときを味わってください。


16:56
2020/01/31

図工展に向けて・2年

| by 校長

2年の立体作品は、「ひまわり畑のなかまたち」で、
「自分たちが描いたひまわり畑に住んでいる、
 見たこともない生き物」をテーマに作りました。



事前に描いた「生き物」をもとに、ペットボトルに、
紙粘土をくっつけて、作ります。使う紙粘土や作り方は、
1年生と同じですが、ペットボトルにくっつけるのが難しそうで、
いろいろ工夫していました。


ペットボトルを包む紙粘土の量が多いので、紙粘土と
絵の具を混ぜるのも大変そうでした。


このように、一度にまいてしまうやり方や、少しずつくっつけて
いくやり方、まく色を変えていく子ども、いろいろでした。



自分で描いた絵をもとにしているので、ペットボトルに
紙粘土をくっつけると、後はどんどん進みそうです。




別のクラスには、完成品がありました。
図工展では、個性豊かな作品をご期待ください。
10:20
12345

おことわり

○インターネットのホームページが不特定多数の人の閲覧が可能であることを 考慮し児童や職員の名前など個人情報はのせておりません。写真は、第三者 からは個人が特定できない程度の大きさで作成すると共に、極力人が写って いないものを使用しています。
○本サイトの全体的な内容の著作権は、伊丹市立南小学校にあります。また、作品などの著作権は、作者にあります。

 

南小学校校歌&70周年記念歌


本校の器楽部が演奏し、児童たちが歌う校歌を聴くことができます。(1番のみ)
歌詞はこちら

南小学校校歌.m4a

70周年記念歌「みなみでみんなで」を聴くことができます。(1番のみ)
70周年記念歌 歌詞.pdf

みなみでみんなで.m4a
 

緊急のお知らせ


大雨・台風・地震などに関する

警報発令時のおしらせ.pdf


 

ダウンロード

インフルエンザなどの感染症
で出席停止になった場合、
病気が治って登校するときに
「出席停止解除証明書」が必要になります。
こちらをクリックしてダウンロードできます。
出席停止解除用紙.pdf